古美術 夢楽彩

 品 名: 古伊万里そば猪口 雪輪・丸文
 品 番: E-3
 時 代: 江戸後期(天保期頃)
 サイズ: 口径 7.7cm
       高さ 5.9cm
       底径 5.9cm
 状 態: 完品
 価 格: 25,000円

 詳 細
 このそば猪口は、鼓と幔幕を描いていると見られる場合が多いですが、
 私は、雪輪を描いていると思っています。後ろ側の雪輪は、ダミを入れて
 地面を表して、春の息吹を感じるものとなっています。手前は雪花を
 表しているのでしょうか?。雪輪と雪輪の間の縦線は滝を表していると
 思います。見込みの2つの雪輪・丸文も可愛いですね。
 なお、画像2で示しますように製作時の小さな秞抜けが1カ所あります。
 もちろん、鼓と幔幕でも十分に楽しめるそば猪口ですね。    

BACKTOP
ご注文方法お問合わせ